ご存知ですか?ゴールデンラズベリー賞

ご存知ですか?ゴールデンラズベリー賞

ご存知ですか?ゴールデンラズベリー賞

アカデミー賞の前日、ひっそりと開かれる映画祭があります。

ゴールデンラズベリー賞です。

ラジー賞とも呼ばれているこの賞は、アカデミー賞とは逆に最低の映画を選ぶ賞なのです。

最低映画賞、最低監督賞、最低主演男優賞……とアカデミー賞と同様に各部門があります。

しかし、それらが本当に最低というわけではありません。

そこにはユーモアや愛情があって選んでいるのです。

『良い役者のはずなのに、この役柄はないんじゃないか』

『凄い作品だけど、マーケットを完全に無視している』

そんな理由で選ばれることもあります。

実際にラジー賞とアカデミー賞を同時に受賞した役者もいます。

世界的に誰もが知っているような映画も、ラジー賞で作品賞を残念ながら獲得していたりもします。

アカデミー賞の前日に行われるラジー賞の授賞式。

役者や監督、関係者が式に顔を出すことはほとんどありません。

自分の作品が最低と言われるのですから、当然でしょう。

しかし、まれに出席する受賞者がいます。

最低主演女優賞を手にしたハル・ベリーは、三年前にアカデミー賞で獲得したオスカー像を左手に、右手にラジー像を抱えて登場しました。

そしてアカデミー賞を受賞したときの自らのスピーチのパロディを、涙ながらに演じたのです。

その姿がハル・ベリーの懐の深さを表し、人気は不動のものになりました。

『アカデミー賞をとったからと言って最高の作品とは限らないし、ラジー賞をとったからと言って最低の作品とも限らない。

あの役は精一杯演じたし、後悔もしていない、ということを伝えたくて式に出たの』

ハル・ベリーはそう言いました。

確かに全ての人にとって最高の作品も最低の作品もなく、誰かが最低と言っても違う誰かには最高かもしれないのです。

アカデミー賞もいいですが、ラジー賞にも注目してみましょう。

隠れた名作を見つけられるかもしれません。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional