趣味を仕事にするということ

趣味を仕事にするということ

趣味を仕事にするということ

趣味はどれだけやっていても楽しいものです。

忙しくても、時間を作ってでもやるでしょう。

むしろ、仕事が辛くても趣味の時間があるから頑張れるという人もいるかもしれません。

それなら、趣味を仕事にしたいと思いませんか?

好きなことを仕事にできれば、どれだけ楽しいか。

一日中でもやっていられます。

残業も苦にならないでしょう。

休みの日でも仕事をしたいとさえ思うかもしれません。

趣味を仕事にするということは、そのようなことだと思っていませんか?

しかし、実際に趣味を仕事にしてみると、想像とは違うことに気がつくはずです。

趣味というのは、好きなようにできるものです。

誰かに気を遣うこともありませんし、やりたいときにやりたい風にやればいいのです。

それが趣味を仕事にすると、なかなか好きなようにやれなくなります。

仕事とするなら誰かと関わざるをえなくなり、気を遣わなくてはいけないことも出てくるでしょう。

趣味で好きなようにやってきたことも、そうはいかなくなります。

それでも嫌な仕事をずっとしているよりはいいかもしれません。

逆に趣味は趣味でやっていた方が良かったと思ってしまう可能性もあります。

趣味を仕事にするということは、単純に好きなことだけができる、ということではないのです。

仕事にするのなら、覚悟を持って臨みましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional