音を楽しむと書いて音楽

音を楽しむと書いて音楽

音を楽しむと書いて音楽

音楽鑑賞もスタンダードな趣味でしょう。

音楽を聴かない人はいないかもしれません。

それぐらい世の中には音楽が溢れています。

あまり積極的に聴かない人であっても、しいて言えば好きなミュージシャンの一人や二人はいるでしょう。

音楽は幅が広く、洋楽、邦楽、クラシックだけではなく、さらに細分化してロックやポップ、歌謡曲、カントリー、ヒーリングなどそのジャンルは挙げればきりがありません。

音楽が好きという人は年代問わずいますが、好きなジャンルは変わってきます。

音楽鑑賞という趣味は広く、同じ音楽鑑賞が趣味という人同士で話が合うかと言ったら、そうでもなかったりします。

『しいて言えば音楽鑑賞』というような趣味ではなく、どうせなら、こだわった趣味にしてみましょう。

堂々と『趣味は音楽鑑賞です』と言えるぐらいに。

音楽を掘り下げるのならば、好きなジャンルを深く詳しくなるか、それとも音楽なら全ての音楽を聴いてみるか、でしょう。

好きなジャンルでもそれだけを深く知っていれば『本当に音楽が好きなんだな』と思われるはずです。

また、広く何でも詳しくても、同じく音楽を好きだと思われるでしょう。

音楽は広い分、それだけ深く掘り下げられるのです。

何となく音楽を聴くのではなく、好きな音楽を深く聴きましょう。

ちなみに、音楽は『音を楽しむ』と書きます。

一番大事なのはその音を楽しむことなので、それだけは忘れないようにしましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional