音楽で大事なのは曲?それとも歌詞?

音楽で大事なのは曲?それとも歌詞?

音楽で大事なのは曲?それとも歌詞?

音楽で大事なのは曲でしょうか?

それとも歌詞でしょうか?

人によって重視するところは違いますし、曲を作る人にとっても違うでしょう。

クラシックやインストなど、歌詞がないものもあります。

逆にまず歌詞ありきの曲もあります。

曲に言葉が乗っているのか、言葉に曲が乗っているのかで随分と違ってきます。

伝えたいことを曲に乗せているアーティストの曲は、やはりその言葉が伝わってきます。

今で言えば『Mr.Children』や『BUMP OF CHICKEN』などは歌詞が強いアーティストでしょう。

メッセージだったり、一遍の詩のように思える曲もあります。

勿論、曲も素晴らしいのですが、やはりその歌詞が重要なアーティストでしょう。

その歌詞は聴く者にとって、『救い』や『物語』になります。

反対にクラシックやインストには言葉はありません。

しかし、その一曲一曲には物語があったりします。

言葉ではなく音で語っているのです。

それは簡単なことではありません。

それでも聴いていてその風景が思い描けたり、感情が伝わってきたりします。

そこに言葉は必要なく、言語の違う人々にも伝えることができるのです。

歌詞があってもなくても、思いや気持ちの詰まった曲には、訴えてくるものがあります。

それが音楽の力なのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional