音楽を聴く時、配信派?CD派?

音楽を聴く時、配信派?CD派?

音楽を聴く時、配信派?CD派?

ここ近年、CDが売れなくなったと言われています。

その主な原因は、配信が中心になったことでしょう。

以前はCDをウォークマンで聴いていたり、そこからカセットに落としていたりしました。

しかし今ではiPodなどのMP3プレーヤーが主になり、音楽はパソコンでデータ化され、それを持ち歩くようになりました。

インターネットで曲のみを購入できるようになり、そのためCDが売れなくなったのです。

確かに配信の方が一曲2、3百円で買えてお得です。

それにパソコンの中で管理ができるので、CDのようにかさばりません。

CDショップにわざわざ行く必要もなく、家で手軽に購入できるのも魅力です。

では、CDはもうなくなるのでしょうか?

CDにはCDの良さがあります。

歌詞カードなどは配信にはありませんし、中の歌詞カードやブックレット、全体のデザインを含めて一枚のCDだと思う人も多くいます。

大好きなアーティストの音楽はCDで手元に置いておきたい、と思いますよね。

そのように作り手や買い手が思う限り、CDの市場は減少してもなくなることはないでしょう。

今聴きたい音楽などは配信で手軽に手に入れ、手元に置いておきたい音楽はCDで手に入れる。

そのようにして、配信とCDは棲み分けていくのだと思います。

それにCDショップに行くと、音楽が好きならわくわくしますよね。

あの気持ちはパソコンの前では味わえないでしょう。

配信もいいですが、たまにはCDショップに探検に出かけましょう。

お宝があなたを待っているかもしれません。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional