CGがなかった頃の映画作品

CGがなかった頃の映画作品

CGがなかった頃の映画作品

今はほとんどの映画で、多かれ少なかれCGを使用しています。

コンピューター・グラフィック。

それは便利なもので、どんな映像でも作り出せます。

SF作品では、CGを使用していないフィルムのコマはないほどです。

CGを使っていないような作品でも、実は細かいところで使っていたりします。

映画を作る際、実際にあり得ない映像をどう撮るか。

それはずっと映画制作者を悩ませてきました。

怪獣ものだったり、宇宙ものだったり。

空想や想像のものをどう映像にするか。

様々な手法を駆使して、それらをフィルムに焼きつけてきました。

そして違和感のないSFXが出来ていったのです。

今ではパソコンの中で宇宙も街も作れてしまいます。

しかしその技術がない時代には、実際に宇宙や街をミニチュアで作り、それをいかに本物のように見せるかが重要でした。

そのSFXの最たるものがスターウォーズでしょう。

スターウォーズで空想の星を空想の戦闘機が飛び交うシーン。

誰もが観たことある有名なシーンですが、あれもミニチュアで作られています。

他にも複数のフィルムを合成するオプティカル合成や、着ぐるみで動かせないキャラクターを動かす手法のストップモーション・アニメーションなどのSFXの技術が満載でした。

初期の3部作ではそのようなSFXが駆使されていましたが、その後の3部作ではCGが使われ、昔のSFX技術はあまり使われなくなりました。

創り出すということは、困難を極めるものです。

その点ではどうやって映像化するか、頭を悩ませ出来得ることを駆使して創り上げてきた時代の方が、尊敬できるように思えます。

今のCG満載の作品も良いですが、たまには昔のSFX技術の時代の作品も観てみましょう。

それがCGではないということに、きっと驚くことでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional